検索
  • by.M

妊活中、パンは食べちゃだめ?

こんにちは!

助産師のいる妊活サポート専門メディカルサロン『by.M』です。



カウンセリングをしていると

時々いただくこのご質問。


『パンが好きなんですけどやめたほうがいいですか?』







いろいろな考えかたがありますので

あくまでも当サロンでの妊活サポートにおける

考えかたとして、お答えしますと



『いいえ、止める必要はありません。』




わたしも今朝は主人のリクエストで

フレンチトーストを食べました。






レモンのフレンチトースト。

美味しかったです…!



ただし、より妊活の助けになる摂取のポイントはあります。

今日はそちらをお伝えできればと思います。





近年、全米の18000人の看護師さんを対象に行われた調査で

食生活におけるいくつかのポイントが

排卵に関する不妊症を

劇的に改善することが明らかになりました。






そのうちのひとつが


『全粒粉など精製度の低い穀物を選ぶこと。

食後の血糖値を急激に上げるような

精製された炭水化物を減らすこと。』



というものです。




精製された炭水化物を減らす理由はいくつかありますが、

主に血糖値を急に上げるから、というものです。


血糖値が急に上がると

インスリンが大量に分泌されます。

インスリンが働くと、今度は血糖値が急に低下します。




これを血糖値スパイクと言いますが、

それが身体にすごくストレスをかけます。



ストレスが妊活にいちばん良くないのですが

ストレスは精神的なものだけではありません。



こういう、血糖値の乱高下や

ホルモンを急に出さないといけないような状態になることが

身体にすごくストレスをかけています。



仕事を止めたり、

嫌な人と関わらないように気をつけても


身体の中で自分で

ストレスを生み出してしまっている状態なんです。





血糖値スパイクは認知症や肥満、糖尿病の原因になりますし

糖化は卵巣・卵子の老化につながります。



また、近年増加している多嚢胞性卵巣症候群も

この血糖値スパイクを抑えることで改善につながります。

(これについてはまた詳しく書きますね)




そこでおすすめしたいのが、

全粒粉を使ったパンということになります。

全粒粉は精製された小麦粉と比べ、消化に時間がかかるため

血糖値を緩やかに上昇させてくれるからです。


また、繊維質やビタミンなども精製されたものより

多く含まれています。





これはパン以外にも言えることですね。


白米にも同じことが言えます。

精製された白米よりも玄米や雑穀米のほうが

血糖値の上昇は緩やかになります。




ですが和食の場合は

お味噌汁やお漬け物、副菜があることが多いですので


初めにお味噌汁やお野菜をゆっくりいただいてから

お米を食べることで

血糖値の上昇はある程度コントロールできます。





玄米や雑穀米は確かにおすすめなのですが

白米が絶対にだめというわけではありません。


白いお米が好き!という方や玄米が苦手な方、

残留農薬が気になるという方は

食べる順番を意識してみてくださいね。






というわけで、

妊活中でもパンは禁止ではないです。

(ただし、菓子パンは極力食べないで!と会員様にはお伝えしています。

その理由についても機会があれば書きますね)



禁止ではないですが、血糖値スパイクを抑えるために

全粒粉のパンをおすすめします。





どうしても白いパンが食べたい!というときは

以前お伝えしたように

『だけ食べ』

をしないように意識していただいて

サラダやスープなど、

血糖値を上げない食材からお食事をすると良いですよ。







『だけ食べ』についての記事はこちらから読めます。

まだお読みでない方はぜひ読んでみてくださいね。



お食事があなたの身体をつくります。

そしてあなたの身体の中で、赤ちゃんは育ちます。

我慢しすぎることなく、

妊活ごはんを楽しんで続けていきましょうね!


0回の閲覧